メイン画像

強気になること

過払い金返還請求を成功させるためには、先ず強気になることが大切です。申し訳ないと思う必要は一切ありません。返せないものは返せないのですから、開き直るほかないのです。返せないのに反そうとする人は、必ず多重債務に手を出します。これが失敗のもとになるわけです。返せるのに返さないのは刑事告訴の対象になりますが、返せなければ、犯罪でも何でもありません。刑事告訴はおろか、民事も怖くありません。借金が増え続けるというのは、本来おかしいことだと自分に言い聞かせて下さい。
新たに借金するのは違法な金利のためなのですから、借金が増えるのは自分のせいではないのです。それを強く意識することが出発点になります。お金が無いことは、恥ずかしいことでもありません。人はどんな状況からでも立ち上がることが出来ます。借金のために家族が崩壊したり、借金のために自殺したりすることは、そもそも間違っています。返せなくても焦る必要は全くないのです。ただただどのように整理、処理すればよいのか考えるだけで済みます。その有効策の筆頭が過払い金返還請求であり、その他にも任意整理、特定調停、民事再生、自己破産等が設けられています。
つまり合法的に借金苦から逃れる道が用意されているのです。仮に相手が裁判に持ち込んだとしても、全て勝つことができます。とにかくサラ金の言いなりにだけはならないようにして下さい。返せない人に貸し過ぎるサラ金に、貸し手としての資格が無いのですから、従う必要はありません。サラ金は連帯保証人制を悪用し、精神的圧力をかけてきますが、それに屈してはいけません。元はと言えば、その連帯保証人システムそのものが日本に特有の制度であり、日本人は不当に苦しめられているのです。

2020.12.22/強気になること

LeCastillo 過払い金の請求方法を知るのTOPへ

TOP